Loading...
お問い合わせ
冷凍アボカド活用術PDF

HOME > 活動・取り組み

フロールエバーハウス

フロールエバーハウスとは

フロールエバーでは、プリザーブドフラワーを通じて日本とコロンビアの友好を深めていきたいと考えています。その一環として、コロンビアの両親のいない子供達が、パソコンやパン作りの実習といった職業訓練をうけることができ、将来の自立を手助けする施設として、2006年にフロールエバーハウスを設立しました。施設内には、パソコンルームや調理施設、図書館などを完備しています。近年、フロールエバーハウスの趣旨に賛同して下さった皆様より、チャリティーイベントの開催や寄付を頂き、それらは施設の運営そして子供たちの大きな支えとなっています。また、2008年には安倍元首相と昭恵夫人(第5回フロールエバープリザーブドフラワーコンテスト特別審査員)がフロールエバーハウスを訪れ、子供達と一緒に折り紙などの日本の遊びを楽しまれました。両親がいないという環境の中でも、明るくたくましく生きていこうという子供たちを、フロールエバーはサポートしています。

フロールエバーハウス

フロールエバーハウス

フロールエバーハウス

フロールエバー プリザーブドフラワーコンテスト

フロールエバー プリザーブドフラワーコンテスト

フロールエバー プリザーブドフラワーコンテスト

フロールエバー プリザーブドフラワーコンテスト

フロールエバー プリザーブドフラワーコンテスト
2009年審査員

コロンビア大使館主催、株式会社アスク運営のもと、2003年より過去7回にわたって『フロールエバー プリザーブドフラワーコンテスト』を開催してまいりました。プリザーブドフラワアレンジメントのコンテストとしては最大規模で、毎回全国からたくさんの作品が寄せられます。

本コンテストは、コロンビアが花の国であることや、プリザーブドフラワーの美しさをより多くの方々に知っていただくこと、プリザーブドフラワーの新たな使い方・見せ方の可能性の提案などを目的とした、プロ・アマを問わず参加することができるコンテストとして開催されています。会期中は、入選150作品の展示・人気投票の他デモンストレーションをはじめとする各種イベントも開催し、大変多くの来場客でにぎわいます。

フロールエバーでは、更なるプリザーブドフラワーマーケットの発展と、コロンビアが生花と合わせてプリザーブドフラワーの生産国であることを日本の皆様に知って頂くきっかけとしてこのコンテストを位置づけしております。花の産業は、近年のコロンビアにおいて大変重要な産業の一つであり、フロールエバーは日本での市場の拡大が、コロンビアの生産者の生活環境の向上に役立つと考えております。 また花を通した日本とコロンビアの文化交流の架け橋として、これからもコンテストを開催してまいります。

フロールエバー プリザーブドフラワーコンテスト フロールエバー プリザーブドフラワーコンテスト