Loading...
お問い合わせ
冷凍アボカド活用術PDF
冷凍マンゴーチャンク活用術PDF

HOME > 業務用OEM/PB > フードサービス業の方へ

フードサービス業界のこんな悩み。
株式会社アスクの豊富な知識と経験で解決します!

  • 提供までの時間を短縮したい
  • 食品の仕入れを効率的にし、ロスを減らしたい
  • どんなスタッフでもオペレーションできる食材を探している
  • 新メニューや使い方のアイデアが欲しい
  • お店のコンセプトに合う食材を探している
冷凍食材で、廃棄ロスをゼロに

難しい野菜や果物の仕入れと管理。
冷凍食材で、廃棄ロスをゼロに!

これまで野菜や果物は、輸送中や保管中のダメージを見越して多めに仕入れたり、逆にオーダーが入らなければ廃棄しなければならない上に、果物に関しては熟度の管理が必要であることなど、生鮮食品の仕入れと管理は非常にデリケートなものでした。

ところが、冷凍野菜・冷凍フルーツを使用することで様々な手間が省け、廃棄ロスゼロも可能になります。

現在アスクの食材をご利用中のお店様からは、冷凍に変えて本当に良かったという声を多くいただいております。

アイデア次第でメニューの幅が広がります。

キッチンでの下ごしらえを極力減らし
簡単オペレーションと効率化を実現!

アスクでは、煩わしい加工の手間を省きすぐに調理できるよう、一つの原料でもピューレ・ダイスカット・スライスなど、様々な形態をお選びいただける商品を取り揃えています。

例として、16種類のフルーツピューレを使えば、スムージーやフレッシュジュースなどがどなたにでも手軽に作れ、アイデア次第でメニューの幅が広がります。

カットフルーツなどはそのままデザートとして提供したり、トッピングとして乗せるだけ、添えるだけ、といった簡単オペレーションが可能になります。

食材の安全さはもちろん「美味しさ」

安心・安全なことはもちろん
美味しくなければ意味がありません。

提供した商品をお客様がその場で召し上がり、反応がダイレクトに伝わって来る。そんなレストランや食堂で一番気になるのは、食材の安全さはもちろん「美味しさ」ではないでしょうか。
アスクでは収穫時に社員が現地に赴き、食味・風味などのクオリティをしっかりと確認しています。

生産国との強いパイプにより、日本ではまだ珍しい食材などもお探しすることも可能です。貴店のオリジナリティあふれるメニュー開発を応援します。

事例紹介

レストランのハワイ特集
フェア開催サポート

レストランのフェアにて、コンセプトに合った食材提供から人気のレシピへの商品応用方法などをご提案。

廃棄ロスのロスのリスクがないジュースバーのご提案
フレッシュジュースバーの提案

非常に簡単なオペレーション、少ない面積で開店でき、廃棄ロスのリスクが低いジュースバーのご提案

冷凍したままのアンデスポテトを最後にスープに入れるだけ
個性的な食材が生きるレシピ

南米原産のポテトが丸ごと入った、個性的なメニューのご提案。冷凍したままのアンデスポテトを最後に入れるだけという簡単オペレーションが好評。

フードサービス業者様のお問い合わせはこちら

株式会社アスク フードサービス事業部
TEL:03-5244-4660 FAX:03-5244-4670
ホームページを見た、とお伝えください。