Loading...
お問い合わせ
冷凍アボカド活用術PDF
冷凍マンゴーチャンク活用術PDF

HOME > NEWS & TOPICS >2013年6月

2013 06.24

カテゴリー: プリザーブドフラワー事業

『第12回フロールエバーウェブコンテスト』開催のお知らせ

日本が誇る伝統美、和紙。
現代のインテリアやライフスタイルにもマッチする和紙は、同じ天然素材のプリザーブドフラワーとの相性も良く融合し、さらに新しいスタイルを見せてくれるでしょう。
皆様からの和紙を使用したプリザーブドフラワーの作品の新提案をお待ちしております。

 

☆ウェブコンテストサイトは近日公開!今しばらくおまちください


【コンテスト概要】

□テーマ:プリザーブドフラワーmeets『和紙』WASHI
□賞:Web Contest賞・審査員賞・協力会社による各賞・会場投票賞 (計12点)
*受賞作品はフロールエバーホームページにて壁紙として配信します。
デザイナー紹介ページも掲載予定です。
*入選した皆さんには参加賞も!
□募集期間:2013年7月1日(月)~8月23日(金)
□入選作品展:2013年10月2日(水)~10月18日(金) *最終日は12:00まで
□特別協力:小津和紙

□協力

株式会社エンターブレイン『花時間』編集部、株式会社草土出版、

株式会社フォーシーズンズプレス、株式会社ブティック社、

株式会社釦手芸裁縫新聞社、株式会社六耀社

□お問い合せ:株式会社アスク「フロールエバーウェブコンテスト」係
TEL:03-3510-7898  FAX:03-3231-7394


■______________________________________________■


*ウェブコンテストとは
毎回異なるテーマのもと作品を募集しています。
応募作品の中から20作品を特別審査員の方に選出していただき、それらの作品を
ホームページ上で掲載するとともに、フロールエバーギャラリー(東京日本橋)に
展示いたします。
ホームページ上でのクリック投票により「Web Contest賞」を決定。
また審査員の方には「審査員賞」を、協力各社には各会社賞を選定していただきます。

2013 06.24

カテゴリー: プリザーブドフラワー事業

村田 近子 プリザーブドフラワー展開催


相鉄ギャラリー(横浜市泉区)にて村田 近子(むらた ちかこ)プリザーブドフラワー展「生花のように美しく」が開催されます。

村田さんは『2008年フロールエバープリザーブドフラワーコンテスト』にて田崎真珠賞を受賞。

 

プリザーブドフラワーが持つ自然な優しさ、美しさを最大限に生かしながら、接着剤を使わないなど独自の手法で生花のようにアレンジメントします。

 

20130613120926-0001.jpg

 青い花

東日本大震災の後、ショックで花を挿せない日々を過ごしたという村田氏。今展覧会では、そのころに見たファンタジックな夢を表現した作品を展示します。プリザーブドフラワーならではの青色のバラを使った作品など約30点、プリザーブドフラワーを額に入れて立体的に描いた「花絵」約30点が会場を彩ります。優しく、美しい作品の数々をお楽しみ下さい。 

 
なお、併催イベントとして、7月6日(土)に、作者自身による作品の解説と技法実演を行うギャラリートークを開催します。

 


 

日時:

2013年6月25日(火)~7月28日(日)

会場:

相鉄ギャラリー 相鉄文化会館4階

横浜市泉区緑園4-3-28 横浜駅から快速利用で17分いずみ野線「緑園都市駅から徒歩3分

*駐車場がございませんので公共交通機関をご利用ください。

休館日:

毎週月曜日[7月15日(月・祝)は開館、7月16日(火)は休館]

開館時間:

午前11時~午後4時

入場料:

無料

展示点数:

60点(予定)

 

 

詳しくは相鉄ギャラリーホームページをご覧ください。

>>http://www.sotetsu.co.jp/service/gallery/news/201306.html

 

コンテスト受賞作品はこちらでご覧いただけます。

>>http://www.flowercontest.com/2008/participants08.html

 

2013 06.10

カテゴリー: プリザーブドフラワー事業

音楽で国際交流 コロンビアの子供たちが来日

 5月下旬、コロンビア共和国・チョコ県の子供達が日本を訪れ、宮城県の東北高校などで音楽を通じた交流会が開催されました。

東日本大震災で被災した子供たちに、楽器を渡すため設立された「宮城県楽器BANK」が全国から楽器を集め、2年で1500台もの楽器が集まり、東北高校に収められていたその一部が、「国境なき楽団」を通じでコロンビアに送られました。それが縁で今回の来日が実現し、音楽を通じた交流会が宮城の各地で開催されました。

 

Ishinomaki Nishi Koko.jpg

訪問先では、コロンビアのプリザーブドフラワー、フロールエバーのアレンジメントがプレゼントされました。

 

<石巻西高校にて

仮設住宅にて>Kasetsu Jutaku.jpg

 

 

*コロンビアでは20年ほど前から子供たちに楽器を与え、社会性を養う教育プログラムを実施しているとのこと。現在はサントス大統領のマリア夫人の主導で、貧困地域に住む子供に楽器に触れさせ、犯罪に走らないようにする活動にも力を注いでいるそうです。

 

 

以下のサイトでも紹介されています。

朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/edu/articles/TKY201305230300.html

 

JICA地球広場

http://www.jica.go.jp/hiroba/information/2013/130530_02.html